債務者が債権を保有しており、支払いの期限を過ぎてもその返済を行わない場合、または他の理由により連絡が取れなかったり、自力では債権回収が難しいと思えたりする場合、その場合弁護士に依頼して債権回収を行ってもらうことができます。では、まず債権回収自体には、どのくらいの(弁護士に払う)費用が必要となるのでしょうか。

まず考えられるのが、「相談料」です。これはどのような内容のものを相談する時も共通に掛かるものです。弁護士特約などがある場合掛からない場合もありますが、私達が一般に相談しようと思えば『○○時間○○円』、『○○分延長○○円』のような費用が発生することとなります。次に、メインとなる回収の費用です。これは、どのくらいの債務を回収しようとしているか(回収できるか)、という点で異なってきます。これは場合によって異なっていますので確認しておきましょう。

裁判に発展すること、また最終的に強制執行が行われ、それが成功したときの報酬、それらも追加で発生する場合があります。それは、回収できた金額の『○○%』と提示されている場合が多く、債権回収を行おうとしている側は、それを承諾した上で弁護士に依頼することができます。